lovelive


■一緒に登校したいキャラっているじゃん


1:2014/01/23(木) 23:29:19.44 ID:

これは海未ちゃ

2:2014/01/23(木) 23:30:22.67 ID:

ほのかさん

3:2014/01/23(木) 23:30:24.37 ID:

穂乃果ちゃんとギリギリまで寝てちこくちこくぅ~って言いながら登校したい

4:2014/01/23(木) 23:30:30.19 ID:

りんぱな

5:2014/01/23(木) 23:34:24.91 ID:

海未ちゃんは朝稽古してシャワーしてから登校するんだよ
一緒に歩いてると微かにシャンプーの香りがするのさ
それにドキドキしてるのをバレないように一緒に歩きたい

10:2014/01/23(木) 23:47:33.01 ID:

>>5

優勝だわ
これしたいと思った

14:2014/01/23(木) 23:57:26.76 ID:

>>5

の続きだけどさ
海未ちゃんはこっちがドキドキしてる理由なんて分かんないのね
そんで「顔が少し赤いですが、熱があるんですか?」なんて真面目に聞いてくる海未ちゃんがかわいくてしょうがない

15:2014/01/23(木) 23:59:01.01 ID:

>>14

いいぞもっとやれ

6:2014/01/23(木) 23:36:18.37 ID:

穂乃果ちゃん!!

7:2014/01/23(木) 23:41:17.17 ID:

かよちん

8:2014/01/23(木) 23:42:23.41 ID:

希ちゃん!

9:2014/01/23(木) 23:42:45.78 ID:

一緒に登校したいキャラしかいなくね?

11:2014/01/23(木) 23:48:40.44 ID:

海未ちゃんと一緒に登校したらエリチカと校門で会って
「あら?珍しく今日は遅刻じゃないのね」なんて誂われたい

12:2014/01/23(木) 23:55:37.64 ID:

普段は花陽と登校するんだけど俺はよく2度寝して花陽に起こしに来てもらうんだ
でも花陽の起こしかたは「ねぇ、おきてよぉ・・・遅刻しちゃうよぉ」って感じで優しいから逆に眠くなってしまう
俺がなかなか起きないから困った花陽は「だれかたすけてー!」って言ってしまうから起きなくちゃいけない
そうして俺が着替えや歯磨きをしている間に通学カバンの準備をしてくれて「もう、昨日のうちに支度しなきゃだめだよ?」って毎回のように叱られてしまうそうして朝ご飯を家を出る前に朝ご飯を食べてきたはずの花陽と一緒に食べるんだ
家を出て花陽にそのことを突っ込むと「えへへへへ・・・俺くん起こしてたらお腹へっちゃって・・・ごめんなさい」って照れた花陽に言われながら登校したい

13:2014/01/23(木) 23:56:47.09 ID:

ほのかちゃん一択

16:2014/01/23(木) 23:59:25.77 ID:

のんたんと 今日の運勢なー めっちゃよかったんよー って登校したい

17:2014/01/24(金) 00:01:01.62 ID:

ラブライバーはセンスの塊

18:2014/01/24(金) 00:01:24.70 ID:

これはかよちん

19:2014/01/24(金) 00:04:14.61 ID:

ぶっちゃけるとみんな可愛くて妄想とまんないよね
海未ちゃんが一番好きだけど

21:2014/01/24(金) 00:12:33.62 ID:

かよちん

22:2014/01/24(金) 00:14:31.77 ID:

かよちんと手繋いで通いたい

23:2014/01/24(金) 00:20:22.45 ID:

かよちんと登校中にコンビニに寄り道したい俺がジュース買ってから行きたいっていうと「遅刻しちゃうよぉ」って花陽は言うんだけどしぶしぶついてきてくれる
俺がジュースを買って花陽に行こうっていうんだけど花陽は動かない
よく見ると花陽はおにぎりコーナーの前にいて「ううん、コンブもいいなぁ・・・でもしゃけも、あっ!うめぼしも・・・むむむ」って花陽は独り言を言っていた
俺はご飯ならさっき俺と一緒に2度目の朝食食べたでしょってあきれながら言うんだけど花陽は「待って!おにぎりは別腹なの!」って言って迷っている結局花陽は悩んだ末おにぎり三つを買って登校するんだけど花陽が悩みすぎたおかげで遅刻してしまった
二人で遅刻してクラスのみんなからからかわれたい

26:2014/01/24(金) 00:27:19.17 ID:

>>23

可能性感じるわ

24:2014/01/24(金) 00:21:33.32 ID:

俺のこと毎朝起こしてきてくれる絵里ちゃん!

25:2014/01/24(金) 00:25:17.49 ID:

寒い日に一緒に登校するんだ
でも海未ちゃんはいつも通り凛としてるのね。寒くないの?って聞くと、「私は朝早くから稽古してますから、もう慣れました」って言うの。
凄いなぁなんて思ってると「そうだ、あなたも一緒に稽古しましょう。そうすれば寒さも克服できる筈です」なんて言われるんだよ
そのあと続けて「それに、あなたと一緒にいられる時間も増えますし…」なんて少し照れながら言う海未ちゃんに負けて一緒に稽古してから登校する生活を送りたい

28:2014/01/24(金) 00:34:13.77 ID:

俺は下校のほうがいい
エリチカの生徒会の仕事終わるまで待つ
「ごめんなさい、待たせちゃったわね」と待ち合わせの下駄箱前で
たまには寄り道しましょう?という提案にまずは自販機で温かい飲み物を買って
両手でその温度を感じながら秋葉原へ
ケバブを買ったりゲームセンターでクレーンゲームしながら気づけば7時前
夕飯には間に合わないと怒られるわと言うエリチカと二人で一緒に走る
到着して「なんであなたも私の家まで走っちゃったのかしらね」と笑いあいながら
「どうせだし一緒に夕飯食べましょう?」
このお誘いに乗らずに入られなかった

29:2014/01/24(金) 00:42:56.75 ID:

海未ちゃんだな
朝の稽古で疲れた海未ちゃんを思って俺が問うのさ
「朝疲れただろ?俺がおんぶしていってやろうか?」
そして海未ちゃんが「そ、そんな恥ずかしいことするわけないでしょう」
といってスタスタと先に行っちゃう海未ちゃんを追ってるうちに
学校に着くのさ

30:2014/01/24(金) 00:48:29.04 ID:

天才が集まるスレ

31:2014/01/24(金) 00:50:23.39 ID:

海未ちゃんにたたき起こされたいいつもは時間通り待ち合わせるんだけど、たまに寝坊して遅れるんだ。回数重ねると海未ちゃんが寝坊してるのを察して起こしに来てくれるの
「はやく起きてください。遅刻してしまいますよ」って起こされるんだけど布団から出れないのね。少しすると海未ちゃんに無理やり毛布をはぎとられるの。
「早く顔を洗って準備をしてください!」なんて叱られるのさ。
急いで準備して学校に向かうんだ。海未ちゃんは少し不機嫌ぎみに「全く…私が起こしに来てるからいいものの、私がいなければ遅刻のしすぎで留年してしまいますよ」なんて言われるの。
申し訳ないですって謝ってると、海未ちゃんが「一緒に卒業するのですから、これからはキチンと起きてくださいね」って優しく言うのさ。
そんな生活を海未ちゃんと送りたい

33:2014/01/24(金) 00:54:07.81 ID:

かよちんと手をつないで登校したいその日は寒い朝なんだけれど俺は急いで家を出たせいで手袋を忘れてしまった
玄関を出てしばらく歩いたところで花陽が俺が手袋をしていないことに気づいて「手袋どうしちゃったの?」っていうから忘れたって伝えた
そうすると花陽は自分の手袋をはずして「これ、使ってください」って差し出してくれた
花陽が寒くなるじゃないかって俺は言うんだけど「いいの、わたしは寒いの平気だから」って花陽は寒そうに制服の袖で手を隠しながら言う
俺がダメだって断ると花陽は「・・・そ、それじゃあ半分こで使いましょう」って提案する
それだと片手が寒くなるよ?っていうと「そ、その、・・・て、手をつなげば寒く・・・ないです・・・い、いやなら別にいいんです!」って赤い顔の花陽に言われた俺はそっと手を握った
花陽はびっくりするんだけど手を握り返してきて「それじゃ、いこっか」っとはにかみながらいう花陽と一緒俺はに歩き始めた手をつなぎながら歩いていると後ろから凛ちゃんが走ってきて「ひゅーひゅー熱いねー!」って冷やかしながら走り去っていった
俺は恥ずかしくなって手を放そうとするんだけど花陽は離さない
顔赤いけど離さなくていいの?って聞くと「恥ずかしいけどこうしていると嬉しいの。だから今日は手をつないでいてほしいな」って微笑みながら言われて手をつないだまま登校したい

34:2014/01/24(金) 00:57:05.63 ID:

>>33

天才か

35:2014/01/24(金) 00:58:51.88 ID:

>>34

お前もな

37:2014/01/24(金) 01:09:56.96 ID:

絵里ちゃんに
「ネクタイ曲がってるわよ。……はい、これで良し」
って、感じでネクタイ直してもらってから一緒に登校したい

40:2014/01/24(金) 01:23:21.04 ID:

>>37

エリチって相手のネクタイ直してあげる所がすごい似合ってる気がする

38:2014/01/24(金) 01:10:47.07 ID:

えりちは毎朝起こしに来るべき
あんたは世話焼き女房になるべきなんや

39:2014/01/24(金) 01:21:30.01 ID:

海未ちゃんと相合い傘で登校したい朝海未ちゃんと待ち合わせるんだけど、家を出て数分後に雪が降ってくるんだ。傘は持ってないんだけどこの程度なら別にいいかって待ち合わせ場所にいくの
そうするといつも通り海未ちゃんが先に来てるのね
「おはようごさいます。今日は遅刻しませんでしたね。」って言われるの。そのあと続いて「ところで、雪が降ってますけど傘はささないのですか?」って聞かれるんだ。だから、今日は天気予報見忘れてて持ってくるの忘れたんだ。って説明するの
「しょうがないですね…一緒に入りますか?」って聞かれるの。ちょっと唖然としてると、「風邪を引かれても困りますから」って言い訳っぽく言うのね。
お言葉に甘えて傘のなかに入れてもらうんだけど、折り畳み傘だから二人入るには少し小さいのね。だから自然と密着することになるんだ。そうしてしばらく歩いてると、不意に海未ちゃんが「雪が降ってるからでしょうか…いつもより暖かく感じますね」なんて言うのよ。
そんな海未ちゃんにドキドキしながら、もう少しだけ海未ちゃんの温もりを感じていたい冬の登校日

41:2014/01/24(金) 01:23:46.67 ID:

朝ごはんを少ししか食べていなかった俺は花陽とコンビニに入った
今回は前回の反省を踏まえておにぎりコーナーに行こうとする花陽を引き留めながらカウンター近くの肉まんを買うことにした
三つの肉まんを買うと「肉まん3つも食べちゃうなんて俺くん食いしん坊さんだね」と2回の朝食とおにぎり三つを朝に食べた花陽に言われた
コンビニを出て3つ買った肉まんのうちの一つを花陽に渡すと「え、大丈夫だよご飯はしっかり食べたから」と口では遠慮する花陽だが目はしっかりと食べたいといっていた肉まんを食べながら歩いていると花陽が真剣な表情で俺を見つめていた
俺はそんな花陽にドキドキしてしまったがよく見ると口元にはよだれが
どうやら俺が食べている肉まんを見ていたようだ
俺が急いで肉まんを食べると花陽は残念そうな顔をしていた
そんな花陽に最後の一つの肉まんを差し出すと「い、いいよ!俺くんの分だし・・・」って口だけは遠慮する花陽に俺は肉まんを渡した
花陽は肉まんを半分に割って俺に渡してくれた
全部食べないの?と聞くと「やっぱり二人で食べるなら半分こで食べたいし・・・それに俺くんと一緒に食べるとすごくおいしいんだ・・・えへへ?」っていう花陽にドキドキさせられたい

42:2014/01/24(金) 01:25:50.69 ID:

なにこの二人の天才が切磋琢磨するスレは

43:2014/01/24(金) 01:26:45.78 ID:

レベルが高い

44:2014/01/24(金) 01:29:05.44 ID:

>>42

,

>>43

お前らもこっち側においで

45:2014/01/24(金) 01:42:45.93 ID:

ここまでにこ無し

46:2014/01/24(金) 01:44:21.32 ID:

これは凛ちゃん!

47:2014/01/24(金) 01:47:17.86 ID:

かよちんにお弁当作ってもらいたい今日はいつも来てくれるはずの花陽が家まで来てくれなかった
心配になったので花陽の家まで行ってみることにした
チャイムを鳴らすとあわてた花陽が出てきて「ご、ごめんなさい!今日は行けなくて」といつも待たせてしまっている俺が謝られていた
俺の方こそいつもごめんと謝ると花陽は「ううん、わたしはいいの。その、俺くんと少しでも長くいたいから・・・えへへ」と言われてしまいこっちの方が赤くされてしまった
話題を変えるために遅くなった理由を聞くと「お弁当作ってたの」ということだった
いつもお弁当なのに?と聞くと「えっと、このお弁当は私のじゃなくて俺くんのだよ」と花陽のお弁当、花陽の予備のお弁当とは別にもう一つの弁当を見せてくれた
俺は驚いてどうして急に?というと「その、俺くんいつも売店で買ってるでしょ?それにわたしの作ったお弁当おいしいって言ってくれたから・・・だからわたしのお弁当食べてください」っていってお弁当渡されたい

48:2014/01/24(金) 01:48:54.48 ID:

なんだこのスレ・・・

49:2014/01/24(金) 01:50:09.65 ID:

にこにーだわ

50:2014/01/24(金) 01:57:01.23 ID:

俺が凛ちゃんと雑談しながら歩いてると、少し先の横断歩道の青信号が点滅しだす
すると凛ちゃんが突然走りはじめ「俺くんもはやくするにゃー」と急かしてくる
頑張って凛ちゃんを追いかけるも彼女の走る速度は俺のそれを越えていて
とうとう凛ちゃんだけが横断歩道を渡り信号は赤になってしまう
「俺くん、おそすぎるよー」と叫ぶ凛ちゃんに、少々の悪態をつき反抗してみるが
冷静に状況を見てみると、道路越しに大きな声で会話するのは非常に恥ずかしい
俺は凛ちゃんに待たずに先に行くように言うも凛ちゃんは聞く耳を持たず
それどころか「それでー、さっきの話の続きなんだけどー」と元の雑談モードに戻ってしまう
俺も無視する訳にはいかないので、周囲に聞こえないよう、でも道路の向こうの凛ちゃんには聞こえるよう声のトーンを微妙な加減で調整しながら
でもすごく恥ずかしくて……ごめん俺には無理だ

51:2014/01/24(金) 01:59:17.02 ID:

>>50

いいじゃん

53:2014/01/24(金) 02:00:11.47 ID:

>>50

いいぞもっといける

こんなこと言うのもあれだけど凛ちゃんが照れる展開があるとGOOD

57:2014/01/24(金) 02:05:02.83 ID:

>>51
>>53

良いと言ってもらえるのは有難いけど、そもそも俺かよちん派なんだ……
そして花陽ちゃんには俺より遥かに高いレベルの凄腕のライターが付いているので任せたい

59:2014/01/24(金) 02:08:05.80 ID:

>>57

一人しか書いちゃダメなんて決まりはないんだぜ?

55:2014/01/24(金) 02:03:20.42 ID:

>>50

もっともっと

52:2014/01/24(金) 01:59:21.94 ID:

どう考えてもにこだろ。あぁみえて時間にはしっかりしてるにこと、いつもと同じ場所で待ち合わせして登校したい。
少しでも遅れると、この時期は特に文句を言われる。
このにこちゃんを待たせるなんて、とか文句いってるくせに、頭をぽんっと撫でるだけで黙るんだからにこにーはちょろい。
にこにーはかなり寒がりだから、マフラーとかコートとかもこもこしてるのが可愛らしい。
そんな寒がりなにこにーのほっぺたを冷たい手でイタズラに触るもんだからまた怒り出す。
しばらく歩きながらいなしてるんだけど、
急に寒い風が吹いてにこにーが震えるもんだから、俺は優しく肩を抱き寄せてやるんだ。
そしたら急にしおらしくなって、俺の服の裾とかをぎゅってしてくんの。
べつに、寒いだけだから!なんて強がりなにこにーとしばらく無言で寄り添って歩きたい。

56:2014/01/24(金) 02:03:59.50 ID:

>>52

いいね
にこにーかわいすぎる

58:2014/01/24(金) 02:07:01.02 ID:

>>52

にこにーの天の邪鬼感好き

60:2014/01/24(金) 02:08:25.49 ID:

>>52

にこちゃん身体が細いからすぐ冷えるんだろうなーかわいい

54:2014/01/24(金) 02:02:10.21 ID:

海未ちゃんと朝練に行きたいいつもより早く起きて海未ちゃんと朝練に行くんだ。
早く起きれたから海未ちゃんより先に待ち合わせ場所に行くんだ。
少し待ってると海未ちゃんが来るんだ。 いつも俺が遅れてくるから
「明日は雪でも降るんでしょうか。」なんてびっくりされるの
登校途中に「いつもこれくらい早く起きてくれれば私も安心できるのですが…」なんて言われながら学校に向かうんだ。道場にはだれもいなくて海未ちゃんと二人きりなのね。
俺は海未ちゃんが弓をひいてるのをずっと見てるんだ。
矢を構えてる海未ちゃんはすごい似合ってて誰よりも綺麗に見えるんだ。
この姿を見るのが楽しみだったから早起き出来た。なんて事を考えながら海未ちゃんと朝練する生活を送りたい

61:2014/01/24(金) 02:14:06.83 ID:

俺はにこちゃん!にこちゃんと一緒に妹2人を送った後一緒に登校したい
一緒に登校するために早起きした俺は眠気が残っていて大きな欠伸をしちゃうんだよね
そしたらにこちゃんが
「だらしないわね…しゃきっとしなさいよ」
なんて言うんだよね
妹の世話をする朝は学校とは違うお姉さん
そんなお姉さんのにこちゃんと一緒に登校したい

65:2014/01/24(金) 02:26:43.66 ID:

>>61

にこいいじゃんね

こころとここあは俺によくなついてるもんだから、
朝出会うとおにいちゃんって2人で寄ってくる。
俺の腕は本当はにこのポジションなのに、妹たちの手前言い出せないにこが可愛い。

学校の前でこころとここあを見送ってから、しばらくするとにこにー、また俺の服の裾をぎゅってしてくんの。
天使かよ。

俺はにこがいちばん好きだよと言うと、
別に、そんなんじゃないし!と怒ってそっぽ向くのに握った裾は離さないにこにーが愛しすぎる。

62:2014/01/24(金) 02:17:08.99 ID:

遂におっぱじまったか

63:2014/01/24(金) 02:23:29.05 ID:

何でことりちゃんが無いの?お前ら頭おかしいんじゃねーの?二人並んで歩いてる時に俺が弁当を忘れた事に気づくのよ
それをことりちゃんに伝えると
「ん~ならことりのお弁当半分こにしよ」
って言ってくれるわけ
しかも微笑みながら
もう恋に落ちるしかねーよ
マジことりちゃん天使 大天使コトリエルですわ

64:2014/01/24(金) 02:25:30.04 ID:

高校生になって穂乃果宅の近くに越してきて偶然にも同じ学校に通うことから仲良くなり
さらにはお互い怠け者同士ということで穂乃果が早く起きた時は起こしにきてもらい
こちらが早く起きた時はお越しに行き
4人で学校へ向かう
2人とも寝坊したら一緒に大慌てで学校へ走る

66:2014/01/24(金) 02:30:06.15 ID:

海未ちゃーん

67:2014/01/24(金) 02:32:20.83 ID:

こえよ、このスレこえよ
だからぞらりんは貰ってく

68:2014/01/24(金) 02:36:28.86 ID:

海未ちゃんと一緒にことほのにからかわれたいいつも通り寝坊した俺を起こしに来た海未ちゃんと一緒に待ち合わせ場所に行くんだ。そうするともう穂乃果ちゃんとことりちゃんが待ってるんだ。
そんで四人で学校に向かうんだ。そうすると海未ちゃんに「穂乃果ですら最近は寝坊しないんですから、あなたにはもう少し頑張って欲しいですね」なんて言われんの。
毎度毎度申し訳ないですなんて謝ってると、ことりちゃんが「でも俺君を起こしに行くときの海未ちゃん嬉しそうだよね」なんてサラッと言うの。
そしたらそれに続いて穂乃果ちゃんが「あーたしかに。穂乃果が変わろうとしても断られるし」なんて言うのね
それを聞いて海未ちゃんが「ふ、二人とも何を言っているんですか!?」なんて慌て始めるの。「穂乃果に任せると二人とも起きてこないなんて事があり得るから、仕方なく私がやってるだけで!」なんて凄い早口で言い訳始めるの。
それを聞いて恥ずかしくなって顔が赤くなるんだけど、それをことりちゃんに見抜かれて「でも最近は俺君もわざと寝坊してるんじゃないかなー?」なんてイタズラっぽくからかわれるんだ。
そしたら今度は穂乃果ちゃんが「海未ちゃんは通い妻ですなぁ」なんてからかうのね
それに耐えられなくなった海未ちゃんが「穂乃果!ことり!」ってムキになるんだ。
そんなこんなしてるうちに学校につく。そんな生活を送りたい

69:2014/01/24(金) 02:38:00.35 ID:

この手のスレに真姫ちゃんが出てこないの珍しいな

70:2014/01/24(金) 02:39:51.56 ID:

まきちゃん

71:2014/01/24(金) 02:49:01.29 ID:

かよちんになって凛ちゃんと登校したい

72:2014/01/24(金) 02:49:34.20 ID:

今日は花陽の家で待ち合わせすることにした
花陽を迎えに行く途中俺はいたずらしてやりたい気持ちになり手袋をはずしてわざと手を冷やした
花陽の家へ向かうと花陽は玄関前で待っていてくれた
花陽は俺を見ると笑顔で「俺くんおはよう」嬉しそうに隙だらけで挨拶するのですかさず冷えた両手で花陽のほっぺを触った
驚いた花陽は「ひゃんっ!」と声をあげて逃げようとするが花陽のほっぺが暖かくて気持ちがいいので逃がさないでいると「俺くん冷たいからはなしてよう!」と花陽はいうが勿論離さない
花陽のほっぺは柔らかくて触り心地がよいのでぷにぷにしていると「ふにふにひらいれ~」というがごめんよく聞こえないとわざとらしくいって続けた
そうしているうちに花陽の目が涙目になっていることに気づき慌ててやめると「ひどいよ・・・やめてってずっと言ってたのに」と泣きかけの花陽に言われた
俺はごめん!何でも言うこと聞くから!と謝ると「なんでも・・・」と花陽はしばらく考えていたしばらくして「じゃあ、温めてください」と花陽にいわれ俺はしばらく考えた後に花陽を抱き寄せた
花陽は驚いて「えっ、・・・あのっ・・・」と言っていたがすぐに黙ってしまった
しばらくして俺はあたたまった?と真っ赤になっている花陽に聞くと「うん・・・すごく。・・・それとね凛ちゃんが見てる・・・」
俺は後ろを振り向くと凛ちゃんが「どうぞ、もっと続けるにゃ」とニヤニヤしながら見ていた
その後凛ちゃんに冷やかされながら3人で登校したい

73:2014/01/24(金) 02:53:06.34 ID:

>>72

はなよかわいいし、凛ちゃんがいい味だしてるわ

75:2014/01/24(金) 02:57:57.77 ID:

>>72

やっぱり格が違うわ
ほっぺぷにぷにからの涙目かよちんからのあったかかよちんからの凛ちゃんの怒涛の四段攻撃には耐えられない

74:2014/01/24(金) 02:57:22.47 ID:

オレ来世は海未ちゃんと登校できる世界に生まれるんだ…